脚やせ ふくらはぎ

脚やせの悩み、ふくらはぎが痩せない原因とは!?

脚やせの方法には、ランニングやウォーキング、筋トレなど様々な方法がありますよね。

 

脚やせを成功させたい一心で毎日ランニングや筋トレに励んでいるのに、ふくらはぎや太ももにはいまいち効果が出ない…と感じることはありませんか?

 

どんなに頑張っても脚やせの効果が出ない原因には、むくみが関係しているかもしれません。

 

ふくらはぎが太い原因が「むくみ」にある人の共通点

 

夕方になるとぱんぱんにむくんでだるかったり、朝起きると決まって顔がむくんでいたりしたら、あなたのふくらはぎが痩せない原因はむくみかもしれません。

 

このむくみは、脚が太く見えたりだるくなったりするだけでなく、放っておくことで脂肪やセルライトを作る原因にもなってしまうんです。

 

そんなむくみは早めに解消しておきたいですよね。

 

そこで今回は、トレーニングやリンパマッサージと合わせて行いたい、むくまない体質になるための3つのポイントをご紹介していきます!

 

むくまない体質になるために気をつけたい3つのポイント

 

@塩分を控える

 

塩分自体は体に必要な成分ですから全く摂取しなければ良いということではありませんが、塩分の取りすぎはむくみに繋がります。

 

普段使用している醤油やみそを減塩タイプのものに変えたり、意識して塩分の高い食品を避けたりなど注意してみましょう。

 

塩分を取りすぎてしまったなと感じた時は、アボカドやほうれん草、さつまいも、納豆、かぼちゃなどのカリウムを多く含む食品を一緒に摂取すれば問題ありません。

 

カリウムを取ることで、体内の水分や塩分濃度を調整してくれる効果を得られます。

 

Aカフェインを控える

 

利尿作用があり水分を排出してくれる働きがあるカフェインは、一見むくみに効果がありそうな成分ですよね。

 

なぜカフェインを控えたほうが良いのかというと、まさに「利尿作用がある」という特性にあるんです。

 

例えば1日に何杯もコーヒーを飲むなどカフェインを摂取する機会が多い人は、トイレの回数が増えるなど身体の外に出て行ってしまう水分も多くなりますよね。

 

すると、身体が水分をため込んでしまうようになるんです。こうなってしまうと、身体に水分がたまってむくみに繋がるというわけですね。

 

ノンカフェインのコーヒーなどを積極的に利用しましょう!

 

B糖分を控える

 

むくまない体質になるために気をつけたい最後のポイントは、糖分を控えることです。

 

一見むくみとは縁の無さそうな糖分ですが、実は水分を吸収・保持する働きを持っているんです。

 

なので、糖分が増えると同時に水分量も増え、むくみに繋がってしまうということですね。

 

白砂糖や三温糖を取りすぎると体を冷やすとも言われていますので、身体の冷えを防止するためにも控えるようにしましょう。

 

体の内側からむくまない体質になって、脚やせを成功させよう!

 

ふくらはぎなどの脚やせを成功させるために気をつけたいポイントを3つご紹介しました。

 

これらを実践して体の内側からむくみを撃退すれば、すっきりしたふくらはぎを手に入れられるはずです。

 

是非、今回の3つのポイントを参考にして、美脚を手に入れて下さいね!

美脚レギンス